サルでもできる株式投資方法

サルの私でもできた投資方法や心得を公開しています!

日経平均株価の上昇から考える~「バブルか、そうでないのか」その時どう行動すべきか

株価がバブル的な上昇を見せた時の適切な投資の行動の取り方を解説!

f:id:monkey-try:20180121232600j:plain

先日(2018年1月18日)、取引時間中に日経平均株価が2万4000円に到達しました。

これはなんと26年振りのことだそうです。

 

こういった上昇相場の時に必ず起こるのが「これはバブルなのか、バブルでないか」という議論です。

 「日経平均は3万円まで上がる!」

「急激に上がり過ぎているから危険だ!」

「これが適正な株価だ」

…などなど、金融のプロからアマチュアまで、それぞれの見解があるようです。

 

そこで今回は、日経平均株価の上昇を受けて、私はどう捉え、どう株式取引を行っているのかを報告したいと思います!どうぞお楽しみください!

 

目次

 

 バブルか、バブルではないのか?

皆さんも気になっている部分かと思います。はたして日本株は現在バブルにあるのか?

専門家たちもテレビやネット、書籍などで持論を展開しています。

 

私の個人の見解を申し上げますと

「どうでもいい。」

 

こういう言い方をすると、誤解を招くかもしれません(笑)

私は、バブルか否かについて語っている記事やニュースを見るのは好きです。

いろいろな意見があって面白いですし、実は私なりの見解も持っています。

 

では何故「どうでもいい」などと言ったのかといいますと、

私が株式投資を行う際には、そういった考えや意見を一切持ち込まないからです。

 

答えはすべて相場が決めるからです。

 

「バブルである」「バブルではない」という考えに固執することもなく、ただ相場に従うというのが私の投資方法です。

 

上がるならばついて行き、下がるならば降りる。

自然を相手に喧嘩を売っても仕方がないのと同じで

個人的な意見に固執して、相場に逆らっても意味がないからです。

 

上昇し続けるのであれば、それに従い利益を増やすまでです。

 

上昇中の初期に売って後悔してしまう人へ対策方法

しかし、人によっては上昇相場の初期段階で、含み益がまだ少ない内に利確してしまい、後悔することがあるという話をよく聞きます。

どうやらそういう人は「せっかく増えた含み益が減るのが怖くて、早く利確してしまう」という心理的なことが理由らしいです。

 

それはそれで有りと言える手法だと私は思いますが、

利益を伸ばせなくていつも後悔しているというのであれば、やり方を考えてみるのも良いと思います。

 

例えば、早く利確したい衝動に駆られるというならば、あらかじめルールを決めておくと落ち着いて行動できます。

ただただ何の基準もなく、株価の上げ下げだけを見ていると不安になってしまうのは当然です。

売るポイントや戦略を最初に決めて、あとは機械的に行動するのです。

すると、心理的な焦りから早めに利益を確定して後悔するということが減っていきます。

 

 

その時に作るルールはできるだけ客観的な指標に基づいたものが望ましいです。

「上昇トレンドが続くかぎりは保有継続」

移動平均線からの乖離率が〇〇%まで上に離れた場合は一部利益確定!」

「下降トレンドに傾いた場合は売却」

株価指数が荒れ始めたら資金の一部を撤退」

などなど、なんでも良いのです。

自分が納得できる利益の伸ばし方を考えてみましょう。

ルールを設けておけば、それに従うだけで良いので焦って少ない利益で売ることもなくなります。

 

※「移動平均線やトレンドってなんぞや?」という方はこの記事を読もう!

www.saru-kabu.com

利益を伸ばすための手法の1つがこちらでです!

www.saru-kabu.com

 

それとルールを作るならば、主観的ではないルールを作った方が良いと私は思います。

「買った値段から〇〇%株価が上がったら利益確定!」

「買った値段から〇%株価が下がったら損切り!」

これでも別に良いのですが、市場はあなたが買った値段を考慮することなく全く関係なく動きますので、客観性に基づいたルールの方が個人的にはオススメです。

 

バブルなどの上昇に乗れなかった人のための対策

 

「高値掴みになる危険を恐れて、いつも上昇のチャンスを取り逃してしまう」という人も居ます。

確かに、高値掴みをするのって怖いですよね。

でも、それから更に株価があがってしまった場合は、もっと買うのが怖くなって行動できなくなってしまいます。

結果的に大きなチャンスを逃すことにも繋がります。

 

恐れから、いつもチャンスを逃してしまうという人の対策としては、

損切りの利便性を活用する」と良いかと思います。

 

常に高値掴みを恐れて行動できないのであれば、その恐れを解消する選択肢を設ければ良いのです。

 

「高値掴みや、急落した場合は損切りすれば良い」という選択肢があると、恐れも和らぎ、行動しやすくなります。

ここが株の良い所です。「なんか思ってたのと違うな」という時は、売却ボタン1つで簡単に退くことができる世界だからです。

不動産投資などの実物資産では、なかなかそういうわけにはいかないでしょう。

 

株はハイリスクハイリターンと言われていますが、行動の仕方によって自分でコントロールできる部分があります。その利点を活用するのです。

 

恐怖や焦りなど、自分の感情を株式市場に持ち込むと、うまく行動できなくなる場合があります。

その感情を抑えるための手段を、普段から用意しておくと良いでしょう。

 

 

しかし、いくら損切りという手段を用いても、高値掴みをし続ければ資産は減っていくばかりですよね。

だから高値掴みをしない、上手な買い方をすることが前提条件にあります。

「買う」と「売る」は常にセットで戦略を考えていきましょう。

 

移動平均乖離率を活用するのも良いかも!?

www.saru-kabu.com

 

 

 

日本株全体がは上昇しているのに、自分の保有銘柄がその恩恵を受けていない時の対策

一方、日本株全体の上昇に対して、積極的にチャンスを掴みにいったのにも関わらず、保有銘柄の株価があまりあがっていないという方もなかには居るかもしれません。

そういった場合は銘柄の選定方法や投資手法に問題がある場合があります。

見直してみましょう。

 

いま現在、国内で強い値動きを見せている銘柄はグロース株(成長株)です。

業績を順調に伸ばしている企業は、チャートでも力強い動きを見せます。

 

今回のように全体が大きく上昇する動きを見せている時は、そういった強い銘柄を選んで、素直に上昇トレンドに従っておくと、大きく恩恵を授かりやすくなります。

 

そして、これは好みの問題なのですが、このような上昇相場にある時は、私の場合は銘柄を分散させて投資するようにしています。

もし、一極集中で投資して、その銘柄が外れた場合、バブルの恩恵を受けることができなくなるというリスクを避けるためです。

 

もし、今回の日本株全体の上昇の恩恵を受けられなかったという人は、戦略を練って今後に活かしましょう。

 

あらかじめ計画を練っておけば上昇相場の恩恵に授かれる

私の場合は上昇相場の恩恵を授かるための戦略はあらかじめ考えておいたので、

昨年2017年の9月に日経平気が25日移動平均線を超えようとした瞬間に、資金をすべて投入し、そこから現在までフルインベストメント*1状態を継続させているので、今回の上昇相場の恩恵をすべて受けることができました。

今年に入ってからは一営業日を覗けば、毎日資産が増え続けているという状況で、嬉しい悲鳴をあげています。

予め戦略を建てることと、それを実行するためのメンタルを形成して、株式市場でチャンスを掴めるようにしましょう。

 

今回の日経平均株価の上昇に対する個人的な見解

さて「バブルか否か」について、最初に「どうでもいい」と申しましたが(笑)

投資判断に持ち込まないようにしているだけで、個人的には感じている部分はあります。

最後に、その話をさせて頂こうと思います。

 

ズバリ、「日本株はバブルではないのでは?」というのが私の見解です。

 

私が強い銘柄しか観察していないというのもあるのですが、業績が右肩上がりの企業が非常に多いです。

しかもそういった企業が割安に放置されていることが、なんとまあたくさんある事か。

 

しかし、それなのに景気が良くなっていることが実感できない人が多いのは、

企業の内部留保という見解もありますが、それと共に個人が貯金に回している部分も大きいと思います。

 

この止まっているお金が動き出せば、良い循環が生まれ、更に株価の上昇が期待できるでしょう。

 

お金は動かすことで増えていくという性質があることを身を持って知っていれば

「働いて貯める」以外の選択肢を取れるようになるのですが、日本には一般的にそういった習慣が昔からないようです。

国全体で投資教育を根付かせるといった根本的な部分を改革していかない限りは、なかなか意識を変えていくのは難しいのかもしれません。

 

そういった1人1人のお金に対する意識から変わることができれば、この国の伸びしろがまだまだあるのではないかと思っています。

 

日経平均株価の上昇から考える~バブル時の対応の仕方を解説・まとめ

ということで今回は、バブル時の対応の仕方を解説してきました!

株で毎回うまくいっていない人や初心者の人に、少しでも何か参考になればと思い書きました。

しかし、投資の仕方や考え方は人それぞれなので、私の意見や方法もその中の1つだと捉えてください。

株式投資に絶対に正しいという方法はありません。

自分で模索していくことが大事です!

  

※投資はすべて自己責任で行いください。

 

*1:資金をすべて投資に回すこと