サルでもできる株式投資方法

株式投資でうまくいかない時のヒント

株でうまく勝てない人や初心者の人に必要なことはこの2つ!「メンタル形成」と「ルール作り」

株で勝てない人や初心者に必要なもの2つを解説!

今回は株取引の初心者の方や、「どうもいつも上手くいかないんだよな」という方がすべき、事2つを紹介いたします。

f:id:monkey-try:20180121231011j:plain

 

目次

 

 

まずは株の売買で失敗した経験を振り返ろう!

皆さん、株取引の方はうまくいっていますか?

上手くいってるならOK!これからも順調な株ライフを送りましょう!

 

一方で中にはこういう人も居らっしゃると思います。

「どうすれば勝てるのかわからない」

「相場環境が良かったのに、利益をうまく伸ばすことができなかった」

「含み損を大きく増やしてしまった」 

…うんうん、それは悲しいですね。 

 

そんな人はまず、失敗した時に自分がどういう風に株を売買していたのかを一度見直してみましょう。

その株の売買を行った理由や、その時の自分の心理状態などを振り返ってみてください。

 

すると、様々な場面が思い出されるかと思います。

例えば

「急上昇している株を見て、あせって飛びついたら高値掴みだった」

「含み益を早く利益確定させたくて、せっかく大きく儲けるチャンスを少ない利益で売ってしまった」

「自分が保有している株の値段が下がっているのを見て、あせって売った途端に上昇し始めた」

「下がり続ける株価を直視できなくて放置して塩漬けにした」

「上がると信じて1つの銘柄に集中して買い増しをしたら失敗した」

…などなど色々な経験をしていることでしょう。

 

 実はこれらの場面に共通している事が1つあるのですが、何だかわかりますか?

 

それは「その場の感情で動いている」という点です。 

 

 

株は感情的・衝動的にやるものではない。

その場の感情に任せて株を売買しても、結果的にうまくいくこともあります。

でもそれはただの偶然です。

 

なぜならあなた1人の感情とは関係なしに相場は変化し続けるものだからです。

 あなたが焦っても焦らなくても、信じても信じなくても、その事とは別に相場は動いていきます。

 

たまたま自分の衝動的な行動と相場の動きが一致して、うまく利益が伸ばせれば良いのですが、そうでない逆の場合も当然あるわけです。
これではただの運任せになってしまいます。

 

そして、そういった行動が原因で先ほど振り返ったような失敗をしてしまっているのであれば、対策を練る必要がありますよね。

 

しかし安心してください。原因がわかっているのならば話は簡単です。

 

感情や衝動的に動く事をやめて、株に適したメンタルを形成すれば良いのです! 

 

株に適したメンタルとは?

では、株に適したメンタルとは一体どういうものなのでしょう。

感情で動くメンタルが株の売買には適さないのならば、その逆を考えましょう。

 

株価が意図せぬ方向に動いたとしても、常に冷静に対処し続ければいいわけです。

 

「そんなこと言ったって、そんな簡単に人のメンタルは変える事はできないよ…」

「人間なんだから感情で動いてしまうのはしょうがない」

なんて思う方も居るかと思います。

 

確かに人のメンタル面を変えることは容易ではありません。

「これはやってはいけないよ」と注意されてもやってしまうのが人間です。

 

そこである手段を駆使することによって、自動的に株に適したメンタルを形成させていきます。その手段とは何か?

 

それは、衝動で動かないように自分に「ルール」を作るということです。

 

ルールを作って株の売買に適したメンタルを形成しよう!

感情で株を売買するという事は、言い換えれば「その場の自分の都合で勝手に動いている」とも言えます。

 

これでは資金を減らす危険性を高めるだけでなく、感情に振り回されメンタル面でも疲弊してしまいます。

 

そこでルールを決めて、それに沿って行動することで衝動的に動いてしまうことを抑制するのです。

 

なんとなく売買するのはやめよう!

これも初心者やうまくいかない人によく見られる傾向なのですが、その場その場でなんとなく取引を行っている場合が多いです。

「急騰したから飛びついた」
「買ったはいいけど、いつ売ればいいのかわからない」
「下がったからとりあえず買い増しした」 

…などなど売買をする前の段階ですでに明確なビジョンが存在しないのです。

株でうまくいっている人や長年相場で生き残り続けている人をよく観察すると、
事前に「こうなったらこうする」という事を決めて取引をしています。

「こうなれば買い、こうなれば売り、こうなれば保有継続…。」

客観的な指標や視点から、ルールや戦略を考えて売買しているのです。

あなたはどうでしょうか?売買のタイミングをあらかじめ計画して取引をしていますか?

 

どんなルールを作れば良いのか?

 では、どんなルールを作れば良いのかを考えていきましょう。難しく考える必要はありません。

失敗した時の経験をもとにルールを考えていけばいいのです。

 

例えば

  • 含み益をいつも早い段階で利益確定させてしまう→上昇トレンドにある内は利益を確定させずに含み益を伸ばす。
  •  急騰している銘柄に手を出して高値掴みしてしまう→値上がり率ランキングなどを見ない。急騰していても手を出さない。
  • 含み損を大きくしてしまう→あらかじめ決めておいた基準を下回ったら損切りする。
  • 株価が気になって1日の中で何度も確認した結果、動揺して衝動的に動いてしまう→1日に株価を確認する回数は大引けの1回だけにする。

…などなど、手法によって合うルールは変わっていくのですが、

まずは自分で考えて、自分に合ったルールを作ってみましょう!

 
 
そして重要なのはそのルール守るということです。
 
 
まずはルールを守ることから始めよう!

さて、ルールを考えたら今度はそれに従って行動してみましょう。

これがなかなか難しく感じる人もいるかもしれません。

 

「ルール通り行動すると決めたのに、守ることができないなぁ…」なんて落ち込む人も居るかもしれません。

 

でも最初はそんなものです。私もそうでした。

こういったものは慣れですから焦らずに

「自分の弱点を1つずつ潰しているんだ」と前向き捉えて気長に取り組みましょう。

 

ルール通りに行動して良い結果が積み重なり、成功体験が増えれば段々とルールをきっちり守れるようになっていきます。

 

ルールを守ったのに、うまくいかなくても焦らない!

そしてルールを守ることの難しさの1つに、「ルールを守って行動したのにうまくいかなかった」という場合があります。

 

例えば、

「ルール通り保有株を損切りしたのに、そのあとで株価があがってしまった」

「利益を伸ばすために保有を継続する事を決めていたのに結局、株価が下がって利益がなくなった」

などなど、思うようにいかない事があります。

 

でもそれは当たり前の事です。そもそも株で全戦全勝なんてことはあり得ないのです。

どんなに才能があり、すごい人でも全ての株価を的中させるなんてことは不可能です。

 

だからルールを守ってうまくいかなかった場合でも、そこで焦って再び衝動的な売買をしないように心がけましょう。

 

「損切りしたあとに再び上昇したから焦って買い直したら、今度は高値掴みだった…」

なんてことは、感情に振り回されいるとよくある典型的な例です。

身に覚えはありませんか?私にはあります(笑)

 

株で勝てるルールを考えよう!

「ルールを守って行動しているのにいつまでも勝てない!これじゃあ衝動的に売買していた時と何にも変わらないよ!」

なんて人も中には居るかもしれません。

 
そういった時は、ルールそのものを見直してみましょう。
 
そのルールは勝てるルールになっていますか?
勝てないルールに従って行動しても、当然いつまでも勝てるはずはありません。
 
例えば「5%上昇したら利益確定、10%下落したら損切り!」
なんてやってても中々儲かりませんよね(笑)
 
自分の失敗した経験を元にルール作りを見直して、自分に合ったルールで勝ちパターンを確立させていきましょう。
 

メンタルとルールは相互に支え合っている

株式取引においてメンタルとルールは互いに支え合っています。

メンタルを支えるためにはルールが必要となり、ルールを実行していくためにはメンタルの形成が必要です。

 

メンタルだけを形成しようとしても、ルールという指針がなければどの方向にメンタルを鍛えればいいのかがわかりませんし、

優れたルールがあってもそれを実行できるメンタルがなければ、何の役にも立ちません。

株取引において「メンタル」と「ルール」は2つで1セットなのです。 

 

今まで株でうまくいかなかった人や初心者の人も「メンタル」と「ルール」、この2つが噛み合えば何かが変わるかもしれません。

 

株取引に必要な事2つ「メンタル」と「ルール」・まとめ

まずは自分の失敗したパターンを振り返りましょう。

そしてその時の心の動きを観察したり思い出してみてください。

 

それを元に自分の衝動的な行動を抑えるルールを作り、実際に実行してみましょう。

そして経験を積みながら勝てるルールに洗練させていきましょう!

 

 

※投資はすべて自己責任の元で行いましょう。